トップ / 日本語学校での刺激とは

日本語学校のメリットについて

日本語学校にはいろいろなメリットがあるので、多くの外国人が通っておられます。まず、いろいろな国の友達を作ることができることです。世界の友達を作ることができ、いろいろな刺激を受けることができます。また、その人たちと日本語で話すことで、日本語の実力もあがります。日本語学校には親切な先生もたくさんいます。そのため、就職の面もサポートしてもらうことができます。学校にはいろいろな行事があります。その行事を通して、仲間との絆も深まっていきます。日本語も自分一人で学ぶよりも楽しく確実に学ぶことが可能となってきます。

習い事

日本語学校の教員になるには?

日本語を学びたい外国人の学生のために日本語を教える、日本語学校の教員になるために絶対に必須な資格というものは実はありません。しかし日本人なら誰でもなれるというわけではなく、一応「日本語教員資格ガイドライン」というものがあり、これを満たしたひとが望ましいと言われ、実際求人ではそれが条件になる場合も多いです。 具体的には、日本語教師養成講座を修了したひと、日本語教育を大学や大学院で専攻した学歴を持つひと、日本語教育能力検定試験に合格したひと、実際に日本語教師歴が3年以上あるひとなどです。

↑PAGE TOP