トップ / 保育士になるには何をするか

保育士になるにはどうしたらよいか

保育士になるには、高校卒業後、保育科目のある大学に進学し、卒業する時に受験して資格を取る方法と、通信講座や自宅で勉強し、国家試験を受験する方法があります。合格ラインは、正解率の60%で、合格率は毎年約17%前後となっています。保育士になるには、今後の需要なども気になる所ですが、現在も人手不足の職業ですし、これからも需要は高まる一方です。産休などで職場を離れることになっても、いつでも復帰できるというメリットがありますし、子供の成長を常に見守っていられるのも魅力ではないでしょうか。

習い事

↑PAGE TOP