トップ

行動科学で学校の成績を上げる

学校の成績が上がらないのは勉強をしていないからではありません。また頭が悪いから成績が悪いのでもありません。なかなか上がらないのは上げ方を知らないだけなのです。いくら叱咤激励してやらせても子どもの頭には入りません。どのようにするか、これを行動科学ティーチングと言います。学校の先生と話す時「うちの子は頭が悪いので」と子どもの前で言ったら「どうせ自分は頭が悪いから」と思ってしまいます。そうではなく「やればきっと出来る」と言葉がけをしてそう思わせる方向へ導きましょう。行動科学を学ぶだけで変わることがあります。

習い事

学校でそ科学の成績の上げ方

学校においての科学の成績の上げ方としては、まず授業中の実験において積極的に観察したり、実験からわかることを深く考察していくことが必要です。また、用語など覚えることも大切ですが、授業中の実験でも用語を覚える際にも、なぜそうなるのかということを意識しながらおこなうと思考力が付き、科学のセンスが身についてくるでしょう。また、用語を覚えるだけではなく、学校で問題集を使用している場合はその問題集やまた、そのほかの問題集なども活用し、あらゆる問題のパターンに慣れていくことで応用力を付けていくことができるのです。

↑PAGE TOP